お互いの欠点を補うプロペシアとミノキシジル

抜け毛が多くなり頭皮の状態が悪くなると、薄毛対策を行なう必要が出てきますが、AGAに有効な薄毛治療薬で有名な物に、プロペシアとミノキシジルがあります。この2つの薬は男性型脱毛症の発生原因を解消するとして、高い効果があると評判になっています。実際に薄毛治療薬を使うとなった時、どちらを選ぶか迷うところですが、プロペシアとミノキシジルは同じ薄毛治療薬という括りでも、効果がそれぞれ異なります。薬を購入する前にはどちらの薬がどのような効果を発揮するのか、具体的に知っておく必要があり、効果を把握しておくと薄毛治療薬の適切な使い方ができます。
プロペシアは、ホルモンの影響で発生する抜け毛を抑える効果があります。AGAでは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの変換によって、ジヒドロテストステロンになることで育毛サイクルがおかしくなり、毛が抜けてしまうといった症状が起こり、ジヒドロテストステロンの生成が活性化してしまうと、毛が弱ってどんどん抜けてしまします。この状態を止めるのがプロペシアの作用で、5αリダクターゼを抑制してジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。ジヒドロテストステロンがなければ毛が抜けることなく育毛サイクルが順調になるので、薄毛の進行を止められます。
ミノキシジルは頭皮の状態を改善する薬で、血管を拡張して血流を促すことで毛母細胞や毛乳頭などの、毛の生成と発育に深く関わっている部分に働きかけて発毛を促します。毛を育てたいならミノキシジル、薄毛を止めたいならプロペシアといったように、目的に合わせて使用することをおすすめします。薄毛治療に慣れてくると2つの薬を同時に使う人も出てきていて、一緒に使っても問題はないようですが、使用の際は十分注意して用法や用量を確認するようにしてください。