薄毛治療薬に含まれる発毛成分

現在日本で使用されている代表的な薄毛治療薬に含まれている成分はフィナステリドとミノキシジルです。
フィナステリドは、飲む薄毛治療薬として使われていますが、医療用医薬品として医師の処方箋が必要です。
フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換する時に作用する酵素5αリダクターゼの働きを阻害します。
言いかえると、フィナステリドはテストステロンをジヒドロテストステロンに変換するのを抑える薬品なのです。
このジヒドロテストステロンは、皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴をふさいで、男性型脱毛症を誘発します。したがって、フィナステリドの効果は、脱毛の予防ですが、現実にフィナステリドを使用すると、発毛が見られています。
発毛する人も使用年数をかさねると、増えてきています。
効果も頭頂ばかりではなく、髪の生え際にも見られます。
ミノキシジルは、高血圧の薬として開発されましたが、髪を育て脱毛を回復する薬としての効果が見られ、内服では副作用が現れたため外用薬として使用されています。
一般の薬局やドラッグストアで大衆薬として販売されていますが、薬剤師の説明がないと買う事はできません。
ミノキシジルによって毛が成長するのは、頭部の血液のながれがよくなり、毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化するからといわれていますが、詳しいことは、まだ分かっていません。
ミノキシジルも正確には、脱毛を食い止める薬で、ミノキシジルの使用を止めると、再び脱毛が始まります。
実際に薄毛治療薬としてフィナステリドとミノキシジルは、効き方が全く違うので、個別に使用するより併用した方が、発毛効果を高める事が出来ます。